So-net無料ブログ作成

エリザベス ゴールデン・エイジ [タイトル:ア行]

Elizabeth: The Golden Age (2007年)
監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット、クライブ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ

“ヴァージン・クィーン”の異名を持つイングランドの女王エリザベス一世が黄金時代を迎えるまでを描いた歴史劇。プロテスタントとカトリックの宗教対立から起こる暗殺の陰謀やスペインの無敵艦隊との海戦を背景に女王の人となりや恋を描いている。
即位した頃を描いた前作とは対照的に、タイトルに負けないきらびやかな映像に彩られ、衣装やセットの豪華絢爛さに目を奪われる。
世界史には疎いこともあり、この手の歴史ドラマは史実に忠実であろうとなかろうと関係なく、その内容を楽しめてしまうのだが、この映画に関しては内容そのものよりも、1人の女性としての弱さと、1国の王としての強さを見事に表現したC・ブランシェットの熱演にぐいぐいと引っ張られ、あっという間に2時間が過ぎてしまった。
ただ、内容に関して言えば、見せ場となるシーンは、ほとんど予告編で流されており、その見せ場と見せ場を女王の恋愛話でつないだという感じで物足りなさが残り、良くも悪くもC・ブランシェットに尽きる映画と思う。
10年後位に、エリザベス1世の晩年を描くパート3を、C・ブランシェット主演で見たいものだ。

エリザベス
Elizabeth(1998年)
監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット、ジョセフ・ファインズ、ジェフリー・ラッシュ
elizabeth_2.jpgelizabeth.jpg
エリザベス1世が25歳で即位して、間もない時期を描いた第1作
C・ブランシェットの名を一躍、有名にしたが、映画自体は地味な印象。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 3

オカピー

弊記事までトラコメ有難うございました。

結構史実に忠実で、エリザベスがサー・ウォルター・ローリーを寵愛し、次女との問題で追放し、再び呼び寄せるのはそのままですが、恐らく映画のような私人としては感情は余りなかったと思われます。
僕は記事の中で海賊問題を実感せしめる為に彼を主役に押し上げたのだろうと述べましたが、繋ぎとしての恋愛場面に必要だったというのが正解ですね。

それはともかくローリーがタバコを紹介する場面で、ジョン・レノンが「アイム・ソー・タイアード」でローリーを呪った意味が解ったのが収穫です(なーんちゃって)。
by オカピー (2009-03-03 02:55) 

オカピー

どうでも良いですが、最初のコメントで【次女】と書いたのは【侍女】の過ちです。
by オカピー (2009-03-03 02:57) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
1作目と同様にラブ・ストーリーとしての側面もあったのかと思います。
いずれにせよ、C・ブランシェットの演技は、ここ10年の間の実績が自信となって溢れていました。
by hash (2009-03-03 22:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3