SSブログ

無ケーカクの命中男/ノックトアップ [タイトル:マ行]

Knocked Up (2007年)
監督:ジャド・アパトー
出演:セス・ローゲン、キャサリン・ハイグル、ポール・ラッド、レスリー・マン
knockedup_1.jpgknockedup_2.jpg
酔った勢いで一夜限りの関係を持った女性から妊娠を告げられたダメ男の奮闘を描くコメディ。
近年、一つのジャンルとしてすっかり定着した感のある“ダメ男コメディ”の決定版とも言える作品でアメリカで大ヒットし、J・アパトー&S・ローゲンを有名にした。
設定そのものはありがちだが、女が昇進したばかりの美人キャリア・ウーマンなのに対し、男が甲斐性無しのマリファナ中毒という、これまでの映画界では成立し難いカップルの行く末を描くという点に新鮮さがあり、前半はそれなりに面白い。
しかし、後半は、このカップルがくっつき、離れ、またくっつくという典型的なロマコメ路線に、ヒロインの姉夫婦の描写を挿入することで家庭生活の理想と現実を描くという意外にまともな展開をしていき、やや期待はずれに思う。
最大の問題は129分というコメディにしては長すぎる上映時間で、途中で飽きてしまい、映画館で見るには辛いのではないだろうか。これを100分程度にまとめる編集力が必要かと思う。

近年、稀な2本立て上映だったので、ついで

寝取られ男のラブ♂バカンス
Forgetting Sarah Marshall (2008年)
監督:ニコラス・ストーラー
出演:ジェイソン・シーゲル、クリスティン・ベル、ミラ・クニス、ラッセル・ブランド
knokedup.jpgforgettingsarahmarshall.jpg
傷心旅行で訪れたハワイで、新恋人と一緒の元カノに出くわした男の恋の顛末を描くコメディ。
J・アパトー製作の“ダメ男コメディ”の1本で、男目線のロマコメとでも言おうか、変な男が出てくる以外は巷にあふれるロマコメと代わり映えせず、脇役の顔ぶれは皆同じでまたコイツらか(ビル・ヘダー、ジョナ・ヒル、ポール・ラッドetc)という感じ。^^
主人公のダメ男ぶりに共感を覚えるのか、最後は美女と結ばれる結末に夢を見ているのか、アメリカで人気の理由はイマイチわからない。
とは言え、もうすでにJ・アパトー組は飽きられているらしく、今年アメリカでヒットしたコメディに彼らの名前はない。
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(2) 

nice! 6

コメント 4

ちょいとおまえ

ジャド・アバトー関連の作品は、映画ネタが頻繁に出てくるところ以外はちょっと苦手なのですが、アダム・サンドラー主演の新作が興味が有るので気持ちを入れ替えようと思っています。劇場公開されるのか微妙ですが。
DVDスルーの『スモーキング・ハイ』とかも気になっているので、先ずはそこらへんから苦手意識を取り除いていこうかと。
by ちょいとおまえ (2009-08-19 21:15) 

hash

ちょいとおまえさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
J・アパトー作に限ったことではないですが、アメリカのコメディは、未公開作品の方が面白そうなんですよね。
by hash (2009-08-20 00:39) 

オカピー

hashさんと全く同じ感想だったですね~。
後半はまっとうすぎるし、長すぎるし・・・。

男と女、子供を持った男とそうでない男、妊娠前と妊娠後といった対照・対比で綴っていく辺りは、ちょっとしたものでしたが。
by オカピー (2009-12-12 13:42) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
長すぎますね。
長い映画を嫌う傾向のあるアメリカで大ヒットしたのが不思議です。
by hash (2009-12-12 20:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。