So-net無料ブログ作成

スパイダーマン3 [タイトル:サ行]

Spider-Man 3 (2007年)
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイヤ、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ
spiderman3_a.jpgspiderman3_a.jpg
クモ男の活躍を描く人気アメコミ・ムービーのシリーズ第3弾
主人公を取り巻く人間関係のもつれによる愛憎劇や3体も登場する敵キャラとのバトルなどサービス精神は旺盛だが、最も印象に残ったシーンはと聞かれたら、J・K・シモンズ演じる編集長が薬を飲むところと答えてしまうくらい中身の薄いストーリーで、アメコミだから許される強引かつ安易な展開の映画というのが率直な感想である。
元々は、この3作目が完結編の予定で、最後だからといろいろ詰め込んだ結果、このような大雑把な内容になったと思われるが、世界中で予想以上に大ヒットした為に4作目の製作が決定した模様で、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ同様、商業映画の代名詞と言える。個人的にはストーリーを軽視し、CG技術でごまかすような手法は好ましいと思わないが、これも時代の流れが生んだ新たなジャンルの一つと受け入れるべきなのだろう。
それにしても、アメコミ・ムービー全盛期の中、日本では他国ほどアメコミ・ムービーがヒットしていないにも関わらず、この「スパイダーマン」シリーズだけは、それなりにヒットしているらしく、その理由はどこにあるのだろうと不思議に思う。

スパイダーマン
Spider-Man (2002年)
spiderman.jpgspiderman.jpg
1作目はアメコミ・ヒーロー+青春映画という感じでなかなか面白い。
3作共通して言えることだが、敵キャラが完全に悪役に徹していないのが問題かと思う。

スパイダーマン2
Spider-Man 2(2004年)
spiderman2.jpgspiderman2.jpg
2作目では、T・マグワイヤが別の作品で負った怪我の為、アクションシーン撮影が出来ず、スパイダーマン自身がCGになってしまったのが問題で、これではアニメといっしょである。
米国版ポスターに“Sacrifice”とあるが、ヒーロー業が忙しくて、恋や勉強ができないことを言っているのだろうか・・・
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

オカピー

>その理由はどこにあるのだろうと不思議に思う。

やはりメッセージですよ。
僕はメッセージなど全く有難がらないわけですが、ただメッセージさえあれば良い作品であるといった誤解が世間に広まってしまったからでしょう。
複雑なキャラクターも好まれますよね。

社会性やメッセージは、ジャンル映画においては、大抵作者の逃げ若しくはおためごかしなんですけどね。

by オカピー (2008-07-29 00:16) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
非現実的な物語に現実的な要素を加えると評価され、現実的な物語に非現実的な要素を加えると批判されるという傾向がありますね。
それはともかく、特殊能力を持つ者が人並みの悩みを抱えるという点に共感が持てず、この映画に距離を感じます。
コメント&TBありがとうございました。
by hash (2008-07-29 01:09) 

いのっちまま

うちの小学6年生の子が大好きで・・
DVD全部買わされました〜〜〜
by いのっちまま (2010-01-03 01:51) 

hash

いのっちままさん、こんばんは。
若者向けの映画ですから、子供の方が楽しめるでしょうね。
by hash (2010-01-03 21:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1